ウーマン

シミに効く薬を飲もう|美活をすれば綺麗になれる

原因を明らかにしよう

鏡を見る人

それぞれに合った治療法

お肌にトラブルがあると、何となく気分が落ち込んでしまいます。年齢を重ねると共に、お肌の悩みも増えていきます。その中でもお肌の老化を感じるものの一つとして、シミが挙げられます。シミと一言で言っても、色々中でも種類があります。そしてそれぞれに原因も異なりますし、治療に効果的な薬も異なります。まずはじめに、肝斑という症状があります。これは30代から40代に発生しやすいシミです。これは、女性ホルモンの働きによるものとされています。その特徴としては、顔の左右対称に出やすい症状です。この肝斑に効果的な内服薬として、トラネキサム酸というものがあります。この薬は色素沈着を抑制する働きがあります。肝斑の症状により、ビタミンCやハイドロキノンなどの、美白効果のある外用薬と共に用いられます。トラネキサム酸は、シミに即効性のある薬ではありません。効果を実感できるのが、平均で4、5週間後とされています。すぐに効果が出ないからといって使用を止めてしまうのではなく、根気よく続けていく事が大切です。次にシミの代表的な症状であるのが、老人性色素斑です。この症状は老化現象の一種とされていますが、その主な原因は紫外線とされています。紫外線に長期間晒された皮膚は、表面細胞が老化して、メラニン細胞が活性化します。過剰なメラニンが、シミとなってお肌に現れます。このシミにオススメなのが、ハイドロキノンという薬です。ハイドロキノンは、強力な漂白作用があるとされています。また外用薬のトレチノインと併用することもあるようです。